いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

'60-'70 ロック

Bearfoot

/ Same ( EPIC KE32146 / 1973 ) 4月、さすがに新年度は忙しく過ぎ。更新しようにもなかなか時間が。CDやレコは増えていくんですが。 さて、今日は久々にLPを取り出しつつ。カナダのバンド、ベアフットの2ndを。ベアフットはザ・バンドのベーシスト、リ…

 Sixties Transition ( Sierra Records / 2007 )

とうとう出ました!あのヒッピーズ・アンセム”Get Together”のディノ・ヴァレンティ版デモ!それを収録しているのが、昨年末にリリースされたこのコンピなのだが、日本盤も最近出たようだ。まあ、バーズ・ファンには知られた音源も多いので輸入盤で十分でし…

Graham Gouldman

/ And Another Thing… ( For Your Love Records / 2000 ) 前回、グレアム・グールドマンのことを記したのだが、その彼の自演集『Thing』(1969)には続編がある。2000年にリリースされた盤で時折取り出したくなる一枚。裏ジャケには69年盤と同じポーズで立つグ…

Tony Hazzard

/ Sings Tony Hazzard ( 1969 ) “Listen to me” ホリーズのこの甘酸っぱいポップソングを作ったのがトニー・ハザードという男。彼の自演盤が貴重なシングル曲を加えて昨年Rev-Olaからリイシューされた。提供曲の自演を聴かせてくれるが、そこそこ歌える人な…

Roger McGuinn

/ Limited Edition ( AFP 0401 / 2004 ) / The Folk Den Project 1995-2005 ( AFP0402 / 2005 ) まったく迂闊だった。マッギンが亜米利加の伝承フォーク/ブルーズを自前でレコーディングし、mp3音源はじめギターコードや歌詞にまで至る公開を行っている”Folk…

John Lennon

/ Rock’n’Roll ( 1975 ) 12月8日はジョンの命日だったわけだが、とりあえず初めてジョン・レノンスーパーライブに闖入。ジョンの歌を奥田民生、吉井和哉、斉藤和義、くるり、チャラといった面々が歌い継いでいくわけだが、やはり母国語とのギャップに苦しむ…

John Fogerty

/ Revival ( 2007 ) クリーデンス・クリアウォーター…と思わずには居られないタイトル。M-3には”Creedence Song”なんて曲もあるし。前作『Deja Vu All Over Again』から3年と言うジョンにしては短いサイクルで飛び出したジョン・フォガティの新作は21世紀に…

Levon Helm

/ Dirt Farmer ( 2007 ) 昨日のブログで紹介したが、マーク・コーンの新作でもレスペクトされた、ザ・バンドの伝説的なドラマー兼ボーカリスト、リヴォン・ヘルムの28年ぶりの新作。90年代に入ってからは、リンゴ・スターのオールスター・バンドやバンドの再…

Eagles

/ Long Road Out Of Eden ( 2007 ) しばらく更新が滞ってしまったが、色々面白い新譜が出てきているのでこの辺りで。 亜米利加を代表するトップロックバンドの28年ぶりの新譜(再結成盤での数曲の新曲を除けば)なだけに、発売が待ちきれなかった。“How Long…

Bob Seger

/ Face The Promise ( Capitol / 2006 ) 豪放なアメリカンロック。バイクに跨るボブは61歳という年齢を感じさせない。昨年出た11年ぶりの新作を聴いてみるとこれが意外に良い!日本ではそこまでメジャーな人気がない人だが、カントリータッチのバラードなん…

Stephen Stills

/ Just Roll Tape April 26 ,1968 ( Rhino / 2007 ) うーむ。休日返上労働で過労気味。あまり良くない状況。さて、嬉しいスティーヴン・スティルスの新譜。新譜とは言え、中身は1968年の蔵出しテープ。当時付き合っていた青い眼のジュディ・コリンズのセッシ…

Sweet Pain Too Featuring David Riordan & Rob Moitoza

( 20th Century T-410 / 1974) なんだか、思ったより甘美なデュオ盤。夜に目を閉じて聴きたくなる。切ないメロと穏やかなボーカルがなんともいい味。ただしそれはA面のみのハナシ。プロデュースはシュガーローフも手がけたジョン・C・フィリップス。David Ri…

Neil Young

/ Live At Massey Hall 1971 ( Reprise / 2007 ) ニール・ヤングのアーカイブ・パフォーマンス・シリーズ。昨年は第1弾の1970年、フィルモア・イーストでのライブ盤が出たが、今回の第2弾の方が個人的には惹きつけられた。何しろ全編アクースティック・ニー…

The Bee Gees

/ Brilliant From Birth ( Festival Records D46066 / 1998 ) スティーブ・キプナー繋がりでオーストラリア時代のビージーズを久々に聴いてみる。少年時代のバリー・モーリス・ロビンのギブ3兄弟の録音。いかなる編集盤にも勝る2枚組63曲と言う凄まじいボリ…

Tin Tin

/ Astral Taxi ( Atco SD 33-370 / 1971 ) 明らかにCSNの影響下にあるA-1”Astral Taxi”にはじまるティン・ティンの2nd。2枚の盤しか残されていないが個人的に結構好きなバンド。ソフトロックファンにはイギリス的繊細さを持つ1st『Tin Tin』の方が好みか…

Endless Highway : the music of The Band ( RECORDS429 / 2007 )

おそらく金太郎飴な出来(だけど良い)であろうノラ・ジョーンズの新作よりも先に手に取ったのはザ・バンドのトリビュート盤。オールド・アメリカンロックファンも、ルーツミュージックに共感するワカモノも満足の快盤。たまたま前回取り上げたアーティの盤…

Milkwood 

/ Same ( Paramount /1972 ) 素晴らしい。いつもお邪魔しているaddsomemusicさんのサイト(http://d.hatena.ne.jp/addsomemusic/20070121)で再発情報を知り、鼻息荒くも購入!!80年代にエレクトロ・ポップなカーズでヒットを飛ばすリチャード(リック)・…

Tommy James

/ In Touch ( Fantasy F-9509 / 1976 ) “Mony Mony”や”Honky Panky”なんかのバブルガムポップで知られるトミー・ジェイムス&ザ・ションデルズのボーカル、トミーのソロ。70年代も半ばだというのに、ゲイリー・グリッターの”(Do You Wanna) Touch me”みたい…

Repairs

/ Same ( Mowest MW121L / 1972 ) モータウンのレーベルMowestの白人グループ。コレは1st。プロデュースはアンドリュー・オールダム!!このグループ、70年代後半〜80年代前半にジェニファー・ウォーンズのヒット”Right Time Of the Night”やリア・カンケル…

Denny Doherty

/ Waiting For A Song ( Ember / 1973 )サイケデリック・フランク・シナトラの死。元ママス&パパスのデニー・ドーハティが亡くなった。パパ・ジョン・フィリップスの死も悲しかったのだが、それに引き続き…。エド・サリヴァン・ショウのカラー映像をよく目…

Taos

/ Same ( Mercury SR 61257 / 1969 ) 折角なので昨日の続き。遅れてきたヒッピー風バンド、タオスをピックアップ。ヒッピーのコミューンがあったネイティブ・アメリカン居住区の地名をバンド名にしている。ウッドストックでレコーディングしてバンド名をウッ…

Santa Fe

/ Same ( Ampex A-10135 / 1971 ) 昨日バッファロースプリングフィールドのドラマー、デューイ・マーティンのバンドを取り上げて思い出したのは二つのバンド「Taos」と「Santa Fe」。どちらもネイティブ・アメリカン居住区、ニューメキシコ州の地名をバンド名…

Dewey Martin And Medicine Ball

/ Same ( UNI 73088 / 1970 ) バッファロー・スプリングフィールドのドラマー、デューイ・マーティンのソロ作。バッファロー以前のキャリアもかなり長いお人。近年もブルース・パーマーとの再編バッファローでビデオまで出してましたが、この唯一のソロ作、デ…

Meadow

/ The Friend Ship ( Paramount PAS6066 / 1973 ) ヒッピー4人組といった感じの宗教色を感じるイカガワシイ盤。メドウの唯一作だが、重要なのは80年代に大売れするローラ・ブラニガンが在籍していたと言うこと。フォーク色の強いマイナー調のA-2”Vanity Fair…

JJ Cale & Eric Clapton / Road To Escondido ( Reprise / 2006 )

JJケイルが先、と言うのはクラプトンの敬意でしょうな。JJケイルとクラプトンの共同作品が出ました。来日公演と足並みを揃えて日本盤も出てますが、ボーナストラック無しとのことで輸入盤を確保。ミスター・レイドバックとしてもちろんお馴染みのベテラ…

Rod Stewart

/ Still The Same…Great Rock Classics of Our Time ( J-Records 82641 / 2006 ) ここの所日本でも徳永英明とか数年前の井上陽水とか、オリジナル楽曲に拘りを持ってきたアーティストによる懐メロカバー集ってのが相次いで企画されてます。この流れは、かつ…

Timothy B. Schmit

/ Playin’ It Cool ( Elektra AMCY-3012 / 1984 ) 5、6年前にレコードで手に入れたものの棚に眠らせてあった80年代のウェストコーストものを最近CDで買い直し、改めて聴いている。ジミー・メッシーナとかアルバート・ハモンドのLA盤とか。これもその一…

Various Artists (Billy Preston etc.)

/ John Lennon Forever ( 日本コロムビア COCA-9371 / 1991 ) 深夜帰宅し、夕刊を読んでいてビックリ。なんとビリー・プレストン、亡くなったんですね。しかも昨年11月から意識不明だったなんて。色々トラブル絡みな人ではありましたが、達者なキーボードサ…

Murray Weinstock 

/ Tails of the City ( Lovenotes / 2004 )元フィフス・アベニュー・バンドのマレイ・ウェインストックの犬曲集。12曲あくまで犬ずくしです。とりわけ犬を飼っているわけでもない私も、物言うワンちゃんの顔が思い浮かぶ乙な仕上がり。マレイさん初のソロア…

Bert Sommer

/ Same ( Capitol ST-11684 / 1977 ) 「ウッドストックに最も似つかわしくない男」と呼ばれた天使顔バート・ソマー、1977年、4枚目のソロ作。元々はバロック・ロックとも形容され、”Walk Away Renee”で知られる60年代のバンド、レフト・バンクの途中加入メン…