いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

'60-'70 ロック

The Beach Boys

/ That’s Why God Made The Radio ( Capitol / 2012 ) 更新が滞りまして…ここの所わたくし2枚目の新作アルバムに向けて制作を開始している所。レコーディングに次ぐレコーディングという日々。昨年のファースト・アルバム『蒼い蜜柑』でミックスをお願いした…

George Harrison

/ Early Takes Volume 1 ( Universal / 2012 ) 先日デモ集を取り上げたキャロル・キング、4月に自伝『A Natural Woman』の出版があり、その本が自宅に届く。まだ日本語版は出る気配がない。アメリカの書店Barnes & Noblesで行われた出版記念会でキャロルが…

 Dr.John

/ Locked Down ( nonesuch / 2012 ) ゴールデンウィークも終わりゆく。今年は土日に吸収されてなんだか休んだような休んでないような。フラッシュ・ディスク・ランチ詣でも忘れることなく。ポイントをためて手に入れた半額券を片手にシングル盤にLP数枚足…

Simon & Garfunkel

/ 45s "The Boxer / Baby Driver" ( Columbia / 1969 ) 先日は大好きなラッパーさんの結婚パーティにお誘いを頂いて。いやこれがライブありの阿波踊りあり!のとっても素敵なパーティで。とっても楽しんでしまった。それにしてもラップってすごいな、と思っ…

 Nick Lowe

/ The Old Magic ( yep ROC RECORDS / 2011 ) 4月ですね。毎年実はあまり好きな季節ではなくて。入学、はまだ良いにしても、就職だとか、新入社員への何たら、だとかいったようなものがテレビを賑わせるこの時期。学歴社会直通で社会の荒波と言う名の、人…

 Stories

/ About Us ( Kama Sutra / 1973 ) 久々の更新で。先日、私のアルバム『蒼い蜜柑』をサンレインレコーズさんで扱って頂けることになりました!ご自身も素敵なミュージシャンでらっしゃる、ゆーきゃんさん、本当にありがとうございます!レビューも書いていた…

 Ringo Starr

/ RiNGO 2012 ( Hip-O / 2012 ) ホイットニー・ヒューストンの死。48才ということで驚いたが、薬物治療を受けていたとは知らなかった。最近名前を聞かないとは思っていたけれど。アメリカはマイケルに続き、偉大な黒人歌手を失ったことになる。母の歌手シシ…

Paul McCartney

/ Kisses On The Bottom ( Hear Music / 2012 ) ビートルズ・デビュー50周年の年にポールの新作。リンゴの新作も同時に当て込んできていたけれど、それもアリかな。ジョン映画にジョージ映画もあったから何かとビートルズ・ファンを飽きさせない流れがある。…

Robbie Robertson

/ How To Become Clairvoyant ( 日本コロムビア / 2011 ) 夢中になって聴いているマサカの新譜。言わずもがな、その主はアメリカン・ロックの最高峰、ザ・バンドのリーダーであり、ギタリストであるロビー・ロバートスンだ。寡作の人としても知られていて、…

 The Beatles

/ Broadcasts ( Circuit Records / 1980 ) モノ・ボックスを借りてきてここの所聴きまくってるものだから、年に必ず一度はやってくるビートルズ祭りでありまして。先週だったかポール・マッカートニーの2007年ライブをBSで放送していたこともある。かなり…

 Cowboy

/ Same ( Capricorn / 1977 ) むちゃくちゃ爽やかなカントリー・ロック”Takin It All The Way”(スコット・ボイヤーの作)で幕を開けるカウボーイの最後の盤。ジャケットのエンボス加工されたバンドのロゴをなでてしまう。ギターの音が実に気持ち良い。 カプ…

Ronnie Hawkins 

/ The Hawk ( United Artists / 1979 ) ザ・バンドの面々がホークスという名で、このカナダのローカルなロックンロール歌手のバックバンドを務めていたのは有名な話だ。ホーキンスに対するメンバーの気持ちは複雑なモノを含んでいたようだけれど、それも親か…

Crosby,Stills,Nash & Young

/ So Far ( Atrantic / 1974 ) クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング。CSN&Yという彼らの名が、ある世代にとっては甘美な響きを持つことを知っている。サイモン&ガーファンクルやビートルズと並ぶ、ロック・ミュージックの太い幹の一つだ。 そ…

The Guess Who

/ the spirit lives on the greatest hits live ( J-Bird / 1998 ) 今日は一番取り上げるべきでない妙なモノを取り上げてしまう。“誰でしょう?”っていうバンド名にこんなにバカにされるとは思わなかった、というゲス・フーの再結成ライブ盤。 1996年のライ…

Bob Dylan

/ The Witmark Demos: 1962-1964 The Bootleg Series Vol.9 ( Columbia / 2010 ) 最近ついてない日々だけれど、古本でいくらか当たりがあった。一番感動したのは友川かずき1977年のエッセイ集『死にぞこないの唄』。全く彼の内面に変化がないことに驚か…

Santana

/ Guitar Heaven The Greatest Guitar Classics Of All Time ( Arista / 2010 ) これまたエグい1枚。サンタナにロック・クラシックスをカバーさせたという。まあこんなもの出しちゃうと、サンタナも日和ったな、とか、ロッドでもあるまいし、クライヴ・デイ…

Carl Wilson

/ Youngblood ( Iconclassics Records / 1983 ) やっと再びのCD化が叶った。ビーチ・ボーイズの故カール・ウィルスンの2枚目のソロ・アルバム。カリブー・レコードから出たものだけれど、こちらはアイコン・クラシックというソニー系列のレコード会社から…

Various Artists

/ John Lennon’s Jukebox ( Virgin EMI / 2004 ) 生誕70周年のジョン・レノン及び赤青盤リマスターが出るビートルズ関連の新譜が畳かけるように出てますね。しかし、ジョージ・ハリスン生き写しの息子ダーニ・ハリスンがベン・ハーパーらと組んだトリオFistf…

 Colin Blunstone

/ The Ghost Of You And Me ( Ennismore Records / 2009 ) コリン・ブランストーン&ロッド・アージェントのライブを見に行ったのはもういつ頃になるだろう。8年くらい前だったか。吉祥寺のスターパインズに来たのだった。ジム・ロッドフォードもね。 さて、…

 John Lennon

/ Walls and Bridges ( EMI / 2005 reissue ) 先週の22日だったかな、9月30日に閉館を迎えることが決定しているジョン・レノン・ミュージアム(さいたまスーパーアリーナ)に行ってきた。最後の見納めということで。しかし遠いね…埼玉在住ならまだしも、東京…

 Phil Collins

/ Going Back ( Atlantic / 2010 ) 解説不要の好盤!全くもって無条件で楽しめるモータウン・カバー集。結構完成度が高いと断言できる。金と愛情が掛かってますよ。フィルとモータウンとの関係はシュープリームスの”You Can’t Hurry Love”をリメイクしてヒッ…

 Micky Dolenz

/ King For A Day ( Gigatone / 2010 ) ウーン、なんだか心地よくてずっと聴いてしまうんだよね。最近デイヴィ・ジョーンズも来日していたけど、コレはあのモンキーズのドラマー、ミッキー・ドレンツの新譜でキャロル・キング・トリビュート集。まあドラマー…

 Brian Wilson

/ Reimagines Gershwin ( Disney / 2010 ) 今日NHKを観ていたら、食道ガンから復帰した小澤征爾を追う、ってのがあって。妙に感動してしまった。そこに居るだけで感動する存在、なんてなかなかいない。御年75歳。その年で、まだまだ精力的にタクトを振ろうと…

 Al Jardine

/ A Postcard From California ( 自主 / 2010 ) ずっと告知されつつも出なかった、元ビーチ・ボーイズのアル・ジャーディンのソロ・アルバム。本家ビーチ・ボーイズ(以下BB)と分裂したが故の別のツアーバンドとのライブ盤はあったけれど、スタジオ盤は初…

 The Aerovons

/ Resurrection ( RPM / 2003 ) エアロヴォンズ。アビーロードスタジオで1969年に録られてお蔵入りになったアルバム音源(ノーマン・スミスのプロデュース、ジェフ・ジャレット、アラン・パーソンズのエンジニアリング)は、どう考えてもビートルズ似(シン…

 John Phillips

/ Many Mamas, Many Papas ( Varese Sarabande / 2010 ) ジョン・フィリップスの死後、ミック&キースとのセッション音源のリリース以来、発掘音源が色々出ている。これは今年出たママス&ザ・パパスのもの。80年代という彼らにとっては冬の時代の音源。唯…

 Savage Grace

/ Same ( Reprise / 1970 ) シーナー&コスというと、1972年の唯一作が、フィフス・アベニュー・バンドのケニー・アルトマン参加作と言うことで、ジョン・セバスチャンの『Welocome Back』とともに注目に値するけれど。さて、今日はシーナ&コスの2人が在籍…

Fire & Rain

/ Same ( Mercury 0598 / 1972 ) 気まぐれな更新で恐縮ですが…。聴きたい音楽が多すぎて、どんどんレコが増えていくけれど、ブログに取り上げるエネルギーがなかったもので。 さて、金沢のレコ屋で買ったもの。カット盤ながらコンディション良好で1000円だっ…

Denim

/ Same ( Epic 34362 / 1977 ) John Boylanといえば、Rick NelsonやLinda Ronstadtをはじめ、The Eagles結成にも噛んでいるカントリー・ロックの裏方として知られる重要人物なわけだけれども、彼が70年代以降生き残ったのは、Tom ScholzのBostonを手がけたこ…

John Fogerty

/ The Blue Ridge Rangers Rides Again ( FORTUNATE SUN/Verve Forecast / 2009 ) 昨年紹介しそびれたジョン・フォガティの新作。CCR時代と全く変わらぬシャウトが怪物級な人。ウッドストックにも出てますからね。まだ現役感十分に演ってるのは凄いの一言。 …