いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

AOR

BoyMeetsGirl Music

/ the wonderground ( BoyMeetsGirl Music / 2003 ) ボーイ・ミーツ・ガール!彼らがまだ活動していたとは!って小室哲哉ではありません、念のため。ボーイ・ミーツ・ガールはジョージ・メリル、シャノン・ルビカムの夫婦ソングライターコンビ。ホイットニー…

VA / Number One With A Bullet

(オリジナル・ソングライター・デモ・テープ集)( Cypress /1988 ) 敬遠されがちなエイティーズの音、ここ数年聴きなおしているがなかなか乙なもの。マーヴィン・ゲイ ”Sexual Healing”で有名なポコポコいうリズムマシーン、TR-808の音もある種ノスタルジッ…

 David Pack

/ The Secret Of Movin’ On ( Peak 8519 / 2005 ) これは誰が何と言おうと完璧な最高傑作。コレ、Ambrosiaの中心人物David Packの3枚目のソロアルバムだが、曲良し音良しの見事なアダルト・コンテンポラリー作品に仕上がっていた。Russ Freeman主宰のSmooth…

 Michael McDonald

/ That Was Then, The Early Recordings of Michael McDonald ( Arista 2008 /1982 ) ”スモーキー”と形容されるハスキーボイスで、今でもソウルフルな歌を聴かせてくれるマイケル・マクドナルド。モータウンの名曲を圧倒的な歌唱力で現代に蘇らせた『Motown…

 木戸やすひろ 

/ KID (MUSKRAT RECORDS RATCD-4303 / 1978 ) 今も現役の名セッションシンガーがビクターから出した唯一のリーダー作。中古で見かけつつもスルーしてきた盤だが、15日にCD復刻され思わず買ってみたところなんとも素晴らしい盤だった。まず何より音が…

Boz

/ Same ( Polydor 46253 / 1965 ) おととしの完成度の高いライブ盤『Greatest Hits Live』や昨年出た新装版バラード集『Fade Into Light』に収められたカバー”Love T.K.O”などを聴くにつけ、実に歌の上手い人だなあと改めて再評価しているBoz Scaggs。2003年…

Peter Lemongello

/ Do I Love you (Private Stock PS2018 /1976) この人誰、と言いたくなるようなこのギョロ目の男は、イタリア系のクラブ歌手、ピーター・レモンゲロ?(すごい名前)。ジャケで損をしているが、Private StockからのMORの王道盤で彼自身の唯一作。全編Gui…